【どっちが好き?】VSistで好みがわかる

たまたま見つけたサービス。
VSistはソーシャルなランキングサイトです。

仕組みはシンプルです。

1、お題を作る
具体的には「モデルでNo.1はだーれだ?」ってお題を作ります。
それに見合う写真とかを用意。
そうすると自分の知りたい対決をつくれちゃいます。

2、質問に答える
モデルのケースの場合、2枚のモデルの写真が出てきて、
自分の好きなほうを選択していきます。
お題によるけど、20〜30問答えると、みんなのランキングが表示されます。

質問のイメージはこんな感じ↓


・自分が知りたいランキングを作りたかったら、お題を作れば良し
・ただ単純にランキングを楽しみたかったら参加すれば良し

僕の投票しまくった香里奈は一位でした!あはは〜





【Pitta!(ピッタ!)】自分のサイトにバナー広告

ついに広告デビュー!
自分のサイトにバナー広告が付くなんて思ってもなかったです。

とはいっても、
自分のサイトに広告枠を作って広告代理店が売ってくれたわけでもなく、
グーグルのアドセンスを張ったわけでもない。

Pitta!というサービスを使いました。
今年のはじめ2月頃にいろいろなサイトで見かけたpitta!のバナー。
そのころは広告主が少なかったのか空き枠がいろんなサイトに張ってあっただけだった。

先日サイトの登録して、今日から広告枠を作ったらすぐにバナー広告が。
なんかうれしいです。

サイドバーにも文字広告を張ったけど、こっちはまだ広告が付いていないようです。


大手広告代理店が扱わない小規模なサイトに対する広告配信のニーズって
これからどんどん増えるだろうと漠然と思うわけです。
ヤフーとかmixiとか有名なサイトは単体で広告が入稿されるけど、
小さいサイトは誰も広告を入れようとは思わない。
けど、大手サイトから中小サイトへアクセスが分散していく流れは
必然なので、そのアクセスを広告に変えるこういうサービスは大事だと思いますね。

ちなみに、日本ではここらへんが同じビジネスをやっているそうです。
スペースハンター(ドリコム)
ブレイナースポット(ブレイナー)

ブレイナーは最近ヤフーが12億円くらいの時価総額で買収しています。

ブログ広告やアフィリエイト広告、アドセンスなど
小さいサイトでもお金を稼ぐ方法が成熟しつつあり、
広義な競合がたくさんいるなか、
日本でどのプレイヤーが勝つのかこの先の戦いが楽しみです。


ちなみに、米国でも同様のビジネスは盛り上がっています。
AdBrite(セコイアなどから、3回に分けて合計$35M調達)
Right Media(07年5月、ヤフーに$680Mで買収<80%>)
aQuantive(07年5月、MSに$6,000Mで買収)

グーグルもダブルクリックを買収するなど、
3強が自分たちの広告ネットワークを強化するために
広告マーケットプレイス関連を買収したのが興味深いですね。




【ブログを本に】Publo(パブロ)

先日見つけたサービス(Publo.jp)です。
タイトルとそのままのサービスで、
ブログを本にするサービスです。

使ってみてびっくり!
ブログのURLと自分のアドレスを入れるだけで、
10分後にはpdf化完了のメールが届く仕組み。
実際に10分以内にメールが届きました。
(別のブログをやったときはアクセス集中で次の日になりましたが)

pdfを見ると本当に本みたいになってました。
なんか嬉しい!

pdfにするだけなら、無料というのもいいですよね。
実際に本にするのは結構お金がかかるので、今は延期しましたが、
こういうウェブをペーパーに変えるサービスって
わかりやすくて好きです。
老若男女わかるウェブサービス好きです。





【愛は地球を救う】バレンタインと排出権取引


ふたりの愛は熱く燃えても、地球は冷やしたい、
そんなエココンシャスなカップルにぴったり



去年から良く耳にするのが「排出権取引」
大企業、特に商社がお金の匂いがするのか群がっているイメージがあります。
製造業も積極的に排出権を買っているみたいです。

そんな排出権が徐々に個人に降りてきている気がします。

一つが金融商品として個人が売買できる仕組み。
これは最近大和証券が発表していました。

金融商品として排出権がゼロサムゲームのような形で
取引されるのはちょっとそもそもの環境問題とはずれている気がします。

もう一つが「カーボンオフセット」関連です。
自分が出すCO2をお金を出して買い取りましょうというものです。

1,000Kg=1t で6,000円くらいです。
実感がないのでちょっと購入に戸惑ってしまいます。
僕も戸惑いました。。。

だけど、ちょっと環境にいいことしたいなぁなんて
漠然と思っていて、それをちょっとアピールしたい(下心)なんて。。

で、僕が買ってしまったのはこの商品です。



バレンタインセットなので、本来男の僕が買うのは変なんですが、
買ってしまいました。
クッキーとかチョコとかが食べれて、
さらに排出権(1,00Kg)、ステッカーがついて3,000円。

バレンタインにしては高いけど、
ステッカーが欲しかった僕には手が届きやすい商品ですね。

お金がたまったら、ちゃんとオフセットしたいですね。


ちなみに運営会社はGconscious(ジーコンシャス)です。





【放送と通信の融合】huluとかveohとか

数年前、ライブドアがフジテレビを買収しようとしてましたよね。
僕にとってはまだまだ記憶に新しい事件です。
(ライブドア株買ってましたからw)

そのあと、TBSを楽天が買収しようとしたり。
ネット企業が既存のメディアを買収しようとするニュースは世間を賑わせた。

ネット企業は「放送と通信の融合」を唱え、
TV局はそれを頑なに拒んでいるという構図です。

未だに放送と通信の融合といえるようなものはなく、
なんとも悲しい。。

一方で、米国ではネットに対して既存のメディアはOPENです。
その代表が、huluとかveoh

本当にすごい。
プリズンブレイクのシーズン3とか24とかが高画質で無料で見れる☆
英語しかないのと、
日本からのアクセスをはじいているのが残念。。
(日本から見る方法はこちら

英語の勉強も兼ね、24のシーズン6を見ようと試みるが、
15分で断念。ツタヤに借りに行ってしまった。

英語だと理解できないから見ないかもしれないけど、
自由にしかも合法にこういう良いコンテンツが手に入る世の中は非常に嬉しいですね。

日本でもおもしろいコンテンツ(ガキの使い)が
ネットで自由に合法的に見れる時代が早く来てほしいものです。




【mixi新機能】友達2人の一致したマイミクは友達に違いない!

ついに出た、このサービス!
ずっとあればいいのなぁと思っていたサービスなんです。
Facebookにはある機能ですね。

おすすめマイミクシィ/コミュニティ」というサービスです。

詳しくはここに説明があります。是非見てください。

僕なりに説明すると、
自分のマイミク2人の共通のマイミク(自分以外)は、
自分のマイミクになりうるんじゃないの?ってコンセプトです。

やっぱ混乱しますね。言葉で書くと。

使い方とかメリットで説明すると、
今の自分のマイミクは友人全員ではないはずです。
どうしても漏れがあると思います。

高校の友人数名がマイミクにしるけど、
その数名が高校のときの友達全員ではない。
(数名だと悲しいよ。。。)

自分のマイミクである高校の友人の「無数のマイミク」には、
僕が見つけられてない高校の友人がいる可能性が高い。

しかし、高校の友人の「無数のマイミク」から無作為に

「これ、お前の友達やろ!」

と推薦されるのは当然不快である。スパムですね。

ただ、このツールはその正確性を高めるのに「共通」という考えを用いている。
既にミクシィで繋がっている高校の友人の「無数のマイミク」の重なっている人。
つまり「共通の人」をピックアップしてくれる。

この「共通の人」同士には当然「共通点」がある。
その「共通点」は気付かないうちに自分との「共通点」である可能性が高い。
つまり、高校の友達という「共通点」である可能性が高い。

発見できなかった友人を発見できるツールです。
ミクシィで友人を探すのは初めて数か月もしないうちに飽きます。
ただ、潜在的には疎遠になっている友人に会いたいと思っているはずです。
その潜在意識と「めんどくさがり」に訴求した良いサービスだと思いました。

うん、良い!!


おすすめマイミクシィ/コミュニティ




【マッシュアップツール】MyRemix

サービスがリリースする前から、
関わらせていただいていたサービスが先月リリースされました。

シーネットの記事は、はてブで560ブックマークされ、
その他も含めると合計650件ほどブックマークされています。

このサービスは結構Geekに受けるサービスのようで、
まだ一般には広く受け入れられていないみたいですが、
個人的には普通にサービスにみんなが触れていてもおかしくはないと思っています。

結局、何をするツールかというと、
タイトルにあるように、「マッシュアップ」を自分で作っちゃうツールです。

具体例を挙げていくと、

1、オリジナル検索ロボット
例えば、Yahoo!とgoogleとgooで同時に検索し、それを重複消して表示する検索ツールが簡単に作れます。

2、自分用のアラート
自分のお気に入りのサイトを登録し、更新されたらメールが届くとか

3、ニュースサイトの広告を抜く
広告を抜いて、記事の部分のみを表示させたり、メールにできたり


ウェブ上にある情報を自分の好きなように加工し、
それをメールなどの方法で自分に届けることができるものです。

操作も直感的で、
情報を変化させる方法をパイプで繋げるだけです。

百聞は一見にしかずです。
是非使ってみてください。

リリースのほうがサービスわかりやすく説明してるかも。。。


個人的には、世界と戦える技術力のある会社だと思っています。




【WEBサービス】ギャンブル?ゲーム?寄付??

日本で展開可能かは置いておいて、
ウェブでお金を賭けるサービスが海の向こうでは盛んな気がします。

日本で展開できればいいなぁなんて思ってたり。
こういうサービスって胴元が一番儲かるようになっているからねw

ということで、3つほどご紹介!

WeatherBill(ウェザービル)

これは天気の保険と言われているが、
正直ギャンブルだと思います。

仕組みは簡単で、天気を指定し、場所、日時(期間でも可)を選択。
あと、リターンで欲しい額を入力。
そうすると、いくら賭けろ!というその商品の価格が出ます。

日本で例えると、
1、北海道で、12/12から12/15までに3センチ以上雪が降る!
という商品を自分で作ります。
2、もしそれが実現したら「1万円」欲しいとすると
3、この商品の価格をサイトが提示。「5000円」ですと。

それで、5000円賭け、実際に雪が降ると1万円ゲット!

自分で設定するギャンブルです。
農業とかやっている人だと保険的な使い方もできるのかも。




playtehday.com(プレイザデイ)

これは未来のことを予想して、当たると賞品がもらえるゲームです。

・今日の巨人対中日はどっちが勝つ?
・巨人の先発は?
・中日のホームランは何本?

みたいな感じで、すごくライトな質問がいっぱい。

TOTOとかよりもわかりやすいかもなぁと思ったり。


KIVA(キヴァ)

これは僕が最も感動し、やりたいなぁと思ったサービスです。

これはギャンブルというか融資というか寄付というか
いろいろな要素が詰まった社会貢献です。

お金を持っている先進国の人(限定ではないけど)が、
途上国で事業をやろうとしている人にお金を送るサービスです。
どんな事業をしていいて、どんな人かもお金を出す時点でわかり、
どの人に出すかも選べます。
で、お金をただ渡すのではなく、そのお金をもらった人の事業に
どのような進捗があるのかがモニタリングできるところが良いなぁと思いました。

寄付のトレーサビリティが今なんとなくトレンドになりそうな気がしていて、
このサービスは非常にぐっときました!




ウェブの金融が証券、銀行をはじめ発達し、
個人のお金が簡単に流通しているからこそ、
これら3つのサービスは誕生している気がする。

日本でも個人から少しずつお金を集め、
それを様々な形で活用する事業が生まれてくる予感がしますね☆




【耳で立ち読み】amazonの中身検索に負けない「新刊.jp」

新刊.jpというサービスがあります。
普通に日本のサービスです。

本を読むのが面倒なとき、
耳から入ってくればいいなぁなんてことを思ったことはないですか?
目が疲れているときとか、能動的に読みたくないときは良くあります。

子供のときは、おかあちゃんが本を読んでくれたけど、
それはもう20年も前の話。
今は、おかんが読んでくれることはない。
いや、おかんはもう老眼で本をちゃんと読めないかもしれないw

話はそれたが、
耳で本が読めたら良いと思ったなら、
新刊.jpを是非使ってみてください。

ダイジェスト版が聞けるので、
本当に立ち読みの耳版。

目の悪い人、目の不自由な方にもバリアフリーで届くこの事業は、
社会的で僕は好きです。

要望としては、
・雑誌にある人気コラムの音声化(バックナンバーってなかなか手に入らないから)
・古典
・官能系?





【ファイルシェアSNS】wixi 〜winnyとかの再来かも〜



これは衝撃的です。
このサイトがこのまま成長していったら、YouTube以上に話題を呼びそうな気がします。

wixi(ウィクシィ)」というSNSで、Techcrunchに紹介されていました。
このSNSの衝撃的なところは、

1、インターフェースがデスクトップ
2、デスクトップ上にアップロードしたファイルは誰とでも共有できる
3、音楽ファイル、写真、動画などの共有が可能
4、共有するファイルがサーバーに上がっている(=DLせずにシェアできる)

イメージ的には、
みんなの図書館?学級文庫?のようなサービスです。
1、ファイルをサーバーに上げる
2、そのファイルは共有される

ファイルをサーバーに置いておくということは、
自分のファイルを開くのも他人のファイルを開くのもスピードは一緒。
人のものを見ているのに早いからストレスがない。
それって結構画期的な気がしました。

人のウェブを覗いているようなドキドキ感も
このサービスに僕が惹かれてしまった理由もあるのかもしれないですね。




profile

現在モバイルコンテンツの会社で働く。大学卒業後はIT系のベンチャーキャピタルでベンチャー投資に従事。 日本を元気にできればいいなぁとゆる〜く考えている今日この頃。
本名:奥山翔(おくやましょう)
所属:特になし
search this site.

fxwill.com
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
このパーツから

categories
archives
selected entries
本棚(僕の読んでる本)
recommend
未来を変える80人 僕らが出会った社会起業家
未来を変える80人 僕らが出会った社会起業家 (JUGEMレビュー »)
シルヴァン・ダルニル,マチュー・ルルー,永田 千奈
recommend
recommend
recommend
星の王子さまの幸福論
星の王子さまの幸福論 (JUGEMレビュー »)
渡辺 健一
わかりやすい言葉が心に刺さります。
recommend
静かなリーダーシップ
静かなリーダーシップ (JUGEMレビュー »)
ジョセフ・L. バダラッコ,高木 晴夫,渡辺 有貴
普通のリーダーシップ論に飽きたらおススメです!!
recommend
links
recent comment
recent trackback
others
mobile
qrcode
無料アクセス解析
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM