<< 【涙をこらえて】姉の結婚 | main | 【やっぱ終わってる】国民年金の学生納付特例 >>

【楽天の買収案件】ビットワレットの時価総額

楽天が電子マネーのEdyを運営しているビットワレットを買収するという
ニュースが出てからもう約1週間前。買収金額の小ささに驚きました。
というのも、これまでビットワレットが増資をするときの時価総額が
結構な金額になっていたのを記憶していたからです。

ということで、せっかくなので、過去の増資を調べてみました。


◆設立(2001年1月)
http://www.edy.jp/press/2001/pdf/20010118.pdf
調達金額:5,000百万円
発行株数:100,000株
株価:50,000円

増資後資本金:5,000百万円

時価総額:5,000百万円(100,000株×50,000円)

<大株主>
 ・ソニーグループ(47%)
 <ソニーファイナンス:42%、ソニー:5%>
 ・NTTドコモ(15%)
 ・三井住友銀行グループ(15%)*当時はさくら銀行


◆第1回目(2002年3月)
http://www.edy.jp/press/2002/pdf/20020320.pdf
調達金額:2,150百万円
発行株数:43,000株
株価:50,000円

増資後資本金:7,150百万円

時価総額:7,150百万円(143,000株×50,000円)

<大株主>
 ・ソニーグループ(46.0%)
 <ソニーファイナンス:41.1%、ソニー:4.9%>
 ・NTTドコモ(14.7%)
 ・三井住友銀行グループ(11.9%)

第1回目の増資は設立時と同じ株価で、賛同企業を集める意味が
強かったのではないかと思います。信販系の会社がズラッと並びました。


◆第2回目(2003年1月)
http://www.edy.jp/press/2003/pdf/20030210.pdf
調達金額:5,894百万円
発行株数:58,935株
株価:100,000円

増資後資本金:13,043百万円

時価総額:20,193百万円(201,935株×100,000円)

<大株主>
 ・ソニーファイナンス(37.9%)
 ・NTTドコモ(13.3%)
 ・ソニー(4.51%)

株価が倍になってます。基本的には既存株主からの出資でした。
信販系の会社がいくつか追加されています。


◆第3回目(2003年11月)
http://www.edy.jp/press/2003/pdf/20031201.pdf
調達金額:8,410百万円
発行株数:67,280株
株価:125,000円

増資後資本金:21,453百万円

時価総額:33,652百万円(269,215株×125,000円)

<大株主>
 ・ソニーファイナンス(28.5%)
 ・NTTドコモ(13.0%)
 ・ソニー(9.3%)

ソニーファイナンスが出資せず、ソニーが中心の増資でした。
比率は大きくないですが、広告代理店や商社などが出資し、
株主数が倍増しています。

時価総額がもう桁違いになってきました。
それにしても相変わらず調達金額は全額資本金に。


◆第4回目(2004年12月)
http://www.edy.jp/press/2004/pdf/20041228.pdf
調達金額:5,259百万円
発行株数:35,064株
株価:150,000円

増資後資本金:26,713百万円

時価総額:45,642百万円(304,279株×150,000円)

<大株主>
 ・ソニーファイナンス(25.2%)
 ・NTTドコモ(15.9%)
 ・ソニー(9.3%)

ANAが出資しています。株主数は61社に拡大。
今回も全額資本金です。


◆第5回目(2006年9月)
http://www.edy.jp/press/2006/20060928_02.html
調達金額:9,660百万円
発行株数:60,376株
株価:160,000円

増資後資本金:36,373百万円

時価総額:58,345百万円(364,655株×160,000円)

<大株主>
 ・ソニーファイナンス(21.0%)
 ・NTTドコモ(14.9%)
 ・ソニー(12.9%)

野村証券が追加出資し、第一生命が出資しているのを見ると
上場を視野に入れていたのではないかなと思ってしまいます。

この後、12月に社長が交代しています。マリオさんに。


◆第6回目(2009年4月?)
*リリースがないため、7回目と5回目から推測しています。
調達金額:3,000百万円
発行株数:5,000株
株価:600,000円

増資後資本金:39,373百万円

時価総額:221,793百万円(369,655株×600,000円)

<大株主>
 ・ソニーファイナンス(20.7%)
 ・NTTドコモ(14.8%)
 ・ソニー(12.8%)

業績が悪いという噂の中、そっと増資をしています。
これまで正直すぎるほど増資の情報を外に出していたにも
かかわらず、これはリリースになっていません。

調達額と増えた株数から単純に計算すると、株価は第5回の
約4倍。時価総額は2200憶以上です。

色々あるんだろうなぁと想像してしまいます。

ちなみに業績はこちらです。
<2007年3月期>
経常収益(億円) 33
経常損益(億円) △52
当期純損益(億円) △52

<2008年3月期>
経常収益(億円) 42
経常損益(億円) △50
当期純損益(億円) △68

<2009年3月期>
経常収益(億円) 45
経常損益(億円) △34
当期純損益(億円) △57



◆第6回目(2009年4月?)
http://corp.rakuten.co.jp/newsrelease/2009/1105.html
http://corp.rakuten.co.jp/newsrelease/2009/1105.html
調達金額:約3,000百万円
発行株数:約370,000株(過半数獲得とのこと)
株価:約8,000円

増資後資本金:約42,000百万円

時価総額:6,000百万円(約3,000百万円×2)

<大株主>
 ・楽天(約50%)
 ・ソニーファイナンス(約10%)
 ・NTTドコモ(約7.5%)
 ・ソニー(約6.4%)

これまでの増資の様子を見ると大幅なダウンラウンドですが、
純粋に増資時のビットワレットの純資産を見ると、14億円しか
ないので、妥当といえば妥当なのかもしれないです。

イーバンク銀行も数々の会社が増資を引き受け、提携もうまくいかず、
最終的に楽天が買収しました。事業開始に莫大なお金がかかる会社が
お金が尽きるのを辛抱強く待つというというと聞こえが悪いですが、
買い物上手な会社だなぁという印象です。

なんてったって、お買いものをお得にしてくれた企業ですから。


*間違っているかもしれないので、鵜呑みにはしないでください。


JUGEMテーマ:ビジネス
 




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile

現在モバイルコンテンツの会社で働く。大学卒業後はIT系のベンチャーキャピタルでベンチャー投資に従事。 日本を元気にできればいいなぁとゆる〜く考えている今日この頃。
本名:奥山翔(おくやましょう)
所属:特になし
search this site.

fxwill.com
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
このパーツから

categories
archives
selected entries
本棚(僕の読んでる本)
recommend
未来を変える80人 僕らが出会った社会起業家
未来を変える80人 僕らが出会った社会起業家 (JUGEMレビュー »)
シルヴァン・ダルニル,マチュー・ルルー,永田 千奈
recommend
recommend
recommend
星の王子さまの幸福論
星の王子さまの幸福論 (JUGEMレビュー »)
渡辺 健一
わかりやすい言葉が心に刺さります。
recommend
静かなリーダーシップ
静かなリーダーシップ (JUGEMレビュー »)
ジョセフ・L. バダラッコ,高木 晴夫,渡辺 有貴
普通のリーダーシップ論に飽きたらおススメです!!
recommend
links
recent comment
recent trackback
others
mobile
qrcode
無料アクセス解析
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM