【楽天の買収案件】ビットワレットの時価総額

楽天が電子マネーのEdyを運営しているビットワレットを買収するという
ニュースが出てからもう約1週間前。買収金額の小ささに驚きました。
というのも、これまでビットワレットが増資をするときの時価総額が
結構な金額になっていたのを記憶していたからです。

ということで、せっかくなので、過去の増資を調べてみました。


◆設立(2001年1月)
http://www.edy.jp/press/2001/pdf/20010118.pdf
調達金額:5,000百万円
発行株数:100,000株
株価:50,000円

増資後資本金:5,000百万円

時価総額:5,000百万円(100,000株×50,000円)

<大株主>
 ・ソニーグループ(47%)
 <ソニーファイナンス:42%、ソニー:5%>
 ・NTTドコモ(15%)
 ・三井住友銀行グループ(15%)*当時はさくら銀行


◆第1回目(2002年3月)
http://www.edy.jp/press/2002/pdf/20020320.pdf
調達金額:2,150百万円
発行株数:43,000株
株価:50,000円

増資後資本金:7,150百万円

時価総額:7,150百万円(143,000株×50,000円)

<大株主>
 ・ソニーグループ(46.0%)
 <ソニーファイナンス:41.1%、ソニー:4.9%>
 ・NTTドコモ(14.7%)
 ・三井住友銀行グループ(11.9%)

第1回目の増資は設立時と同じ株価で、賛同企業を集める意味が
強かったのではないかと思います。信販系の会社がズラッと並びました。


◆第2回目(2003年1月)
http://www.edy.jp/press/2003/pdf/20030210.pdf
調達金額:5,894百万円
発行株数:58,935株
株価:100,000円

増資後資本金:13,043百万円

時価総額:20,193百万円(201,935株×100,000円)

<大株主>
 ・ソニーファイナンス(37.9%)
 ・NTTドコモ(13.3%)
 ・ソニー(4.51%)

株価が倍になってます。基本的には既存株主からの出資でした。
信販系の会社がいくつか追加されています。


◆第3回目(2003年11月)
http://www.edy.jp/press/2003/pdf/20031201.pdf
調達金額:8,410百万円
発行株数:67,280株
株価:125,000円

増資後資本金:21,453百万円

時価総額:33,652百万円(269,215株×125,000円)

<大株主>
 ・ソニーファイナンス(28.5%)
 ・NTTドコモ(13.0%)
 ・ソニー(9.3%)

ソニーファイナンスが出資せず、ソニーが中心の増資でした。
比率は大きくないですが、広告代理店や商社などが出資し、
株主数が倍増しています。

時価総額がもう桁違いになってきました。
それにしても相変わらず調達金額は全額資本金に。


◆第4回目(2004年12月)
http://www.edy.jp/press/2004/pdf/20041228.pdf
調達金額:5,259百万円
発行株数:35,064株
株価:150,000円

増資後資本金:26,713百万円

時価総額:45,642百万円(304,279株×150,000円)

<大株主>
 ・ソニーファイナンス(25.2%)
 ・NTTドコモ(15.9%)
 ・ソニー(9.3%)

ANAが出資しています。株主数は61社に拡大。
今回も全額資本金です。


◆第5回目(2006年9月)
http://www.edy.jp/press/2006/20060928_02.html
調達金額:9,660百万円
発行株数:60,376株
株価:160,000円

増資後資本金:36,373百万円

時価総額:58,345百万円(364,655株×160,000円)

<大株主>
 ・ソニーファイナンス(21.0%)
 ・NTTドコモ(14.9%)
 ・ソニー(12.9%)

野村証券が追加出資し、第一生命が出資しているのを見ると
上場を視野に入れていたのではないかなと思ってしまいます。

この後、12月に社長が交代しています。マリオさんに。


◆第6回目(2009年4月?)
*リリースがないため、7回目と5回目から推測しています。
調達金額:3,000百万円
発行株数:5,000株
株価:600,000円

増資後資本金:39,373百万円

時価総額:221,793百万円(369,655株×600,000円)

<大株主>
 ・ソニーファイナンス(20.7%)
 ・NTTドコモ(14.8%)
 ・ソニー(12.8%)

業績が悪いという噂の中、そっと増資をしています。
これまで正直すぎるほど増資の情報を外に出していたにも
かかわらず、これはリリースになっていません。

調達額と増えた株数から単純に計算すると、株価は第5回の
約4倍。時価総額は2200憶以上です。

色々あるんだろうなぁと想像してしまいます。

ちなみに業績はこちらです。
<2007年3月期>
経常収益(億円) 33
経常損益(億円) △52
当期純損益(億円) △52

<2008年3月期>
経常収益(億円) 42
経常損益(億円) △50
当期純損益(億円) △68

<2009年3月期>
経常収益(億円) 45
経常損益(億円) △34
当期純損益(億円) △57



◆第6回目(2009年4月?)
http://corp.rakuten.co.jp/newsrelease/2009/1105.html
http://corp.rakuten.co.jp/newsrelease/2009/1105.html
調達金額:約3,000百万円
発行株数:約370,000株(過半数獲得とのこと)
株価:約8,000円

増資後資本金:約42,000百万円

時価総額:6,000百万円(約3,000百万円×2)

<大株主>
 ・楽天(約50%)
 ・ソニーファイナンス(約10%)
 ・NTTドコモ(約7.5%)
 ・ソニー(約6.4%)

これまでの増資の様子を見ると大幅なダウンラウンドですが、
純粋に増資時のビットワレットの純資産を見ると、14億円しか
ないので、妥当といえば妥当なのかもしれないです。

イーバンク銀行も数々の会社が増資を引き受け、提携もうまくいかず、
最終的に楽天が買収しました。事業開始に莫大なお金がかかる会社が
お金が尽きるのを辛抱強く待つというというと聞こえが悪いですが、
買い物上手な会社だなぁという印象です。

なんてったって、お買いものをお得にしてくれた企業ですから。


*間違っているかもしれないので、鵜呑みにはしないでください。


JUGEMテーマ:ビジネス
 




【ベンチャーの求人】@ベンチャー社員にfindjob!を越えて欲しい

僕の仲良しの永岡さんが起業し、サービスを出しました。
秋葉系な彼らしくなく、普通の人材系ウェブサービスです。

@ベンチャー社員http://venture-s.jp/index.htm


企業が人材を集めるために求人を出しますが、基本的には有料です。
永岡さんのところは掲載料をとらない成功報酬型です。

なので、掲載するだけではお金がかからない。

人材採用は巡り会わせなので、欲しいときに欲しい人材が取れるとは
限らないので、常に門戸を開いておくことが重要かなと僕は思っています。

Findjob!などに求人を出すと期間で料金が発生し、なおかつ小さい
ベンチャーだと求人に埋もれ、良い人の応募がなかったり。。。


そういう意味では@ベンチャー社員で求人を出しておいて、興味のある応募が
あれば会ってみるというのが費用対効果が合うのではないかなと思います。
@ベンチャー社員のPVが増えれば、自社サービスを知ってもらうメディアにも
なりうるのでそれも期待しつつ。。


僕も決済とって、自社HPのリニューアル後に掲載しようと思っています。



あと、サイトがちょっと重いので改善して欲しいですねw



JUGEMテーマ:ビジネス




【新しい世界観】AR(拡張現実)とレコメンド

先週金曜日の夜だったのにARセミナーに参加しました。
大也さんにメッセンジャーで誘われ即決しました。
先端なものに触れるのは知的好奇心をそそられて良いですね!


「AR」というのは「拡張現実」という日本語訳があって、
英語だとAugmented Realityと言うそうです。

言葉ではさっぱり想像がつかないのですが、
具体的なサービスを見ると世界観が伝わります。

代表的なサービスとしては、
・芸者東京の電脳フィギュアとか
・トンチのセカイカメラ、とかです。

 




この2つのサービスを見ると「AR」という言葉が指す意味がおぼろ気に理解できます。


僕の勝手な理解だと、

現実の世界にデジタルデータを登場させ、
そのデータと相互やり取りができる世界観、

が「AR」の理解です。


このARは去年くらいから話題になっているキーワードで、
IT系のベンチャーキャピタリストとして注目していました。

夢はあるし、そんな世界観にワクワクするけど、
現実的に一般社会に広がるイメージが描けませんでした。

「使わないだろうな」とか「広がらないだろうな」という感情論でしか
言語化できなかったイメージはARセミナーで芸者東京の田中社長が
おっしゃっていた言葉ですっきりしました。

ARよりレコメンドのマーケットのほうが遥かにデカく、これから来るのはレコメンドだ」

まさにその通りだと思いました。

現実の世界にデジタルの情報が重なるの便利だけど
必要な情報を瞬時に取得するのが難しいと思います。
パソコンの前で膨大なデジタル情報から必要か必要じゃないかを検討し
判断することはできますが、現実の世界ではそんなに時間はないです。

現実の世界では経験などに基づいて驚くほど瞬時に様々なことを判断し、
行動しているので、その意志決定のスピードを、ARの世界で果たして
実現できるかと思います。

検索という方法では情報に到達するまでに時間がかかってしまうので、
現実世界でデジタルな情報を提供するにはやはり、行動や思考を先取りした
レコメンドが必要になってくる気がします。

ちょっと長くなってしまったのでレコメンドについて考えていることは
また次回にでも。。。




JUGEMテーマ:コンピュータ

続きを読む >>




【ベンチャー】学生起業家からイノベーションは生まれる

金曜日にリリースを出したアジア学生起業家ファンドに関して。

最近の金融危機がシリコンバレーのベンチャーの資金調達に影響したり、
IPOが少ないなどちょっと前から兆候があった日本のベンチャーにも
不景気の波がどんどん押し寄せています。

こんな時だからこそ時代を切り開くイノベーションを起こす起業家が
生まれるのではないかなぁと思っています。
それも、学生起業家から生まれる気がしています。

根拠はないけど、これまでのイノベーションを起こすようなビッグなビジネスは
学生起業家、社会人経験のない人もしくは短い人から起きています。


具体的な例をいくつか示すと。。。

◆米国

・マイクロソフト(Microsoft)
ハーバード大学を休学したビルゲイツが創業。

・グーグル(Google)
スタンフォード大学のラリー・ページとセルゲイ・ブリンが創業

・ヤフー(Yahoo)
スタンフォード大学のデビッド・ファイロとジェリー・ヤンが創業


この3社は世界を代表する企業です。
学生で起業したことも有名ですね。

最近の例だと。。。

・フェイスブック(facebook)
ハーバード大学の学生だったマーク・ザッカーバーグが創業

未上場ながら時価総額は$150億。。。



そのほか、
デル(Dell)、サンマイクロ(SunMicrosystems)、ヒューレットパッカード(HP)も
学生が起業して成功している例です。

米国の経済を牽引しているのはこういった世界を席巻する
イノベーションを生み出した若い起業家だということが言えます。


日本でも学生起業家で成功した例はあります。

◆日本

・ミクシィ(mixi)
東京大学の笠原社長が起業。

・ドリコム(DRECOM)
京都大学の内藤社長が起業。

・スタートトゥディ
早稲田実業高校卒業後、渡米した前澤社長が起業。

・フルスピード
京都工芸繊維大学の芳賀社長が起業。


ここ数年特に多いですが、話題性があるというか突き抜けている企業です。


数年前に世間の注目を独り占めしていたホリエモンも学生起業家です。



学生だから世間知らずで常識がないという批判がある一方、
社会の常識を超えたイノベーションを学生が生み出しているのも事実です。


しかし、日本では学生を支援する仕組みがほとんどありません。
アメリカでは、成功した起業家がエンジェル投資家として
若い起業家を支援していますが、日本にはエンジェル投資家は機能していません。

この学生起業家ファンドに携わる僕としては、このファンドを通じて
ベンチャーキャピタルというよりはエンジェル投資家に近い気持ちで
これからイノベーションを起こすような若い起業家を応援したいと思っています。

そして日本からグーグルやフェイスブックのような会社が出るきっかけを作れればと思います。


僕が将来実現したいと思っている「日本の起業環境の改善」に近づくファンドです。



学生起業家・学生起業家予備群の方々、ご連絡くださいね。
http://www.aeria.jp/i-shin/jpn/index.html



結構まじめに書いちゃいました 




JUGEMテーマ:ビジネス
 




【イラストサービスブーム?】こくばんinとかpixivとか手書きブログとか

今日、こくばんinというサービスに出会いました。
お絵かき系のサービスの一つですが、
キャンパスが黒板になり、描く道具がチョークになっているところが面白い!

実際下のタモさんを見てください。
サイトに飛ぶと書いているところをリプレイできるので、
タモさんが出来上がる姿に見とれてしまいます。




これもすごい。氷とかやばいよ。。。





イラスト系のサービスは結構注目しています。

pixiv(イラスト共有コミュニティ)

本当にみんな絵がうまい!
プロの人もいるとは思うけど、

「日本にこんなに絵が上手な人がいるのか!!」

と思うほどみんな上手いです!!








手書きブログ

こくばんinに近いサービス。
ペイント機能だけで描くイラストの共有サイトです。
ここは限られた色とか手段の制限がある中、
めちゃめちゃ上手い絵を描く人がたくさんいます。
pixivとは違う神がいます。





このイラスト文化は世界に誇れるものだと思うので、
この3つのサービスには日本発世界制覇のサービスになって欲しいです。




JUGEMテーマ:インターネット






【ネット関連】アフィリエイト経由の流通総額、5510億!!

インターネットの買い物、Eコマースって本当に便利ですよね。
アマゾンで本を買ったり、楽天で水とかコンタクトとか。

買いに行けないもの、安いもの、重いもの、手に入りにくいものなど
ネットならではのものを僕は買うことが多いです。

この前経産省が出していた調査は結構驚きの調査でした。


◆アフィリエイトプログラムを介して販売された商品・サービスの流通総額

   5510億円

結構大きくてびっくりしました。
アフィリエイト専業で上場している会社もいくつかあるので、
妥当と言えば妥当なのかもしれませんが、そこまでマーケットが
大きくなっているとは驚きでした。
僕のブログの右にある本の紹介もアマゾンのアフィリエイトですし、
身近になっているのは間違いないですね。


◆インターネットオークションで販売された商品・サービスの流通総額

   9170億円

これもでかい。。。
たぶん、ヤフオクが大半(?)なので、本当にすごいですよ、ヤフーさん。
オークション未経験者って結構多いので、これからマーケットはまだまだ
大きくなりそうな予感がします。ネットワークの外部性が働くので、
これからは独り勝ちかつさらに流通は活発になりそう。


◆中国のインターネット利用者数とインターネット普及率

   2億1千万人  16.0%

人口が多いので当然ですが、やっぱりマーケットが大きいのは
C向けのサービスをするにしても魅力的な市場だと改めて感じました。
まだ普及率は20%以下なので、これが右肩上がりで増えるので、
驚異的なマーケットです。

ちなみに、ケータイ利用者数は、4億人。。。


普段感覚的に市場規模を掴んでいますが、
改めて数字で把握すると一味違いますね。

詳細はこちら


JUGEMテーマ:ビジネス






【グーグルストリートビュー】グーグル社員は準備万端!!

最近何かと日本で話題になっているグーグルのストリートビュー。
僕も初めて見た時は衝撃を受け、自分の家を探し、実家まで見に行きました。
洗濯物が干してあるのが取られてしまっており、生活感丸出し。。。


さて、プライバシーとかいろいろ問題を引き起こしそうなこのサービスですが、
サービスを作ったグーグルの人たちはどう写っているのか興味あり!

↓これは普通のグーグルマップのグーグル本社

View Larger Map

かっこいいですね、やっぱ。
こんな広々としたところで働いてみたいものです。


で、ストリートビューで見るとこんな感じ。↓

View Larger Map


社員総出で大騒ぎしています。集合写真気分です。
こういう雰囲気好きだなぁ


あと、これ。
超はしゃいでます。↓

View Larger Map


盗撮っぽくいろんなところを撮影しているグーグルとストリートビューですが、
張本人は準備万端で撮影をされるのを超楽しんでいます。

ラブホに入るカップルを撮ったり、喧嘩している人を撮ったり、賛否両論ですが、
悪意のある撮影というより、イタズラ好きなお茶目な人たちという感じがします。
こういうお茶目さからいろいろな世界を驚かせるサービスが生まれるんだろうなぁ〜









【何か生まれる予感】ライブドアのラボ「EDGE」

日本でも海外でも、ラボというのが活発に活動しています。
ラボラトリーのラボなので、企業の研究開発を外向けに出している組織です。
すぐに事業にはならないが、おもしろいものが多いです。

日本で有名なのが、
サイボウズラボとかウノウラボとか。
優秀な技術者の採用目的というのもあるようです。

米国ではあのグーグルもラボをやっています。
今使っているサービスもかつてはラボだったわけで、今ラボのものも数ヶ月後、数年後には当たり前のように使っている可能性があります。
こういう新しいものが生まれるのはわくわくしますね。


そんななか、ライボドアがラボをOPENしました。




ライブドア事件や投資事業のイメージが強い中、
個人的にはライブドアは高い技術力と自由な発想力のある
テクノロジーの会社というイメージを持っていました。

ライブドアリーダーはすごく速いし、
地味だけどライブドア内の地図は非常に使いやすい。
カーナビのようなルート検索ができたりタクシー料金検索ができたり。

このラボを通じて、まだまだ技術者が残っているライブドアから面白いサービスが出てくる来るのが非常に楽しみでワクワクします。


最後にラボ繋がりで宣伝。
弊社のラボ(イノベーションラボ)と投資先(ウノウ)がサービスをリリースしました。
ウェブのクリッピングサービスです。
http://www.ngigroup.com/jp/press/release/ngigroup/002275.html
よかったら使ってください。


<関連記事>
【ラボブーム】ITじゃないラボ



JUGEMテーマ:インターネット






【mixiさすが!!】mixi新機能の“エコー”は上手い!

1日1記事以上書くことはしていなかったんだけど、
ちょっと興奮したので書きます。

ミクシィがリリースした“エコー”はミクシィのこれまで獲得した会員を
抜群に上手に使ったサービスだと思います。

Twitterというのが米国を中心に流行っていて、
日本でも1年前くらいに流行っていました。
正直僕は全く面白いと思いませんでしたが、
ミクシィ内でこのTwitterと同様のことをやると、まじで面白い!!

やはり、コミュニケーションは知っている人とするほうが盛り上がりますよね。
知らない人と出会うコミュニケーションも大事だけど、
Twitterのような短い言葉によるコミュニケーションは何らかの共有している
経験なり感情があったほうが遙かに面白い!!

学校とかの授業中にコソコソ話をしているような感覚になり、
ちょっとハマりそうです。

あまりに参加しすぎると暇人と思われてしまうのでほどほどにしないとね。


こちらがミクシィからのリリースです。
しかし、こんな良い機能を発表しても株価って簡単には上がらないんですね。


ちなみに、ミクシィは7月から怒涛のリリースをしています。
抜粋すると、
エコー
タレント公認アカウント
iPhone対応
キャラクターデザイン
ミクシィラジオ

必ずしもオリジナリティのあるサービスではないけど、
ミクシィ内にこれらのサービスを設けることで、
ユーザーのミクシィを使う時間は長くなるし、楽しいのは間違いないですね!
上手いなぁと思います。

日本にミクシィあり!!



JUGEMテーマ:インターネット







【超かっこいい検索サイト】Viewzi(検索をよりビジュアルに)

Viewziは超かっこいい検索サイトです。
一発で心を奪われました。

検索すると、いくつかの検索結果が出ます。
検索結果の見せ方がテーマごとに異なり、
さらにそれがビジュアルなんです。

これがビデオ検索
同時に3つのサイトを検索し、その結果をサムネイルで表示してくれます。




あるいはMP3検索だとこんな感じです。



他にも写真検索スキャンダル写真検索(?)みたいなのもあって
非常に楽しい検索サイトです。
MP3検索は使い方では音楽聴きまくれるサイトになるのもGOODです。

百聞は一見に如かずということで、
是非、Viewziを使ってみてください。


下はViewziの宣伝ビデオです。
ビデオよりサイトでいじったほうがわかりやすいですよ。
ちなみにビデオははっきりした発音なので聞き取りやすいですよ。
ちょっとカワイイしね。












profile

現在モバイルコンテンツの会社で働く。大学卒業後はIT系のベンチャーキャピタルでベンチャー投資に従事。 日本を元気にできればいいなぁとゆる〜く考えている今日この頃。
本名:奥山翔(おくやましょう)
所属:特になし
search this site.

fxwill.com
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
このパーツから

categories
archives
selected entries
本棚(僕の読んでる本)
recommend
未来を変える80人 僕らが出会った社会起業家
未来を変える80人 僕らが出会った社会起業家 (JUGEMレビュー »)
シルヴァン・ダルニル,マチュー・ルルー,永田 千奈
recommend
recommend
recommend
星の王子さまの幸福論
星の王子さまの幸福論 (JUGEMレビュー »)
渡辺 健一
わかりやすい言葉が心に刺さります。
recommend
静かなリーダーシップ
静かなリーダーシップ (JUGEMレビュー »)
ジョセフ・L. バダラッコ,高木 晴夫,渡辺 有貴
普通のリーダーシップ論に飽きたらおススメです!!
recommend
links
recent comment
recent trackback
others
mobile
qrcode
無料アクセス解析
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM